Company 信頼される加工センターを目指して。

経営理念 Management philosophy

私たち全農グループは、生産者と消費者を安心で結ぶ懸け橋になります。

私たちは「安心」を3つの視点で考えます。

1. 営農と生活を支援し、元気な産地づくりに取り組みます。

2. 安全で新鮮な国産農畜産物を消費者にお届けします。

3. 地球の環境保全に積極的に取り組みます。

四大リスクを常に心がけ、『品格ある事業』を目指します。

代表取締役社長 中原一憲

会社概要 Company Profile

社名
JAえひめアイパックス株式会社
設立
1978年2月18日(創業開始1980年1月23日)
資本金
23億円
施設処理能力
1日当たりの認可処理頭数=豚換算(牛1頭:豚3頭)
960頭(年間の処理可能な頭数=約234,000頭)
農場出荷頭数
年間約25,000頭
従業員数
約270名
主な事業内容
  1. 1.家畜の処理解体
  2. 2.食肉の製造・販売
  3. 3.副生物・副産物の処理加工・販売
  4. 4.家畜の飼育
  5. 5.ファーマーズマーケットの経営
  6. 6.堆肥の製造・販売等に関わる事業
認定規格
ISO9001・ISO22000
本社
〒795-0046 愛媛県大洲市春賀甲410番地
直営農場
(せと風ファーム ) 〒799-2307 愛媛県今治市菊間町川上143
直営店舗
(ファーマーズマーケット「いよっこら」)〒799-3111 愛媛県伊予市下吾川字北野511-1

組織機構図(2018年度)Organization chart

組織機構図(2018年度)

沿 革 History

  1. 「株式会社愛媛クミアイ食肉センター」設立
  2. 「1978年・1979年度総合食肉流通体系整備促進事業」により本社工場の建設に着工
  1. 本社工場竣工
  2. 家畜処理・部分肉カット加工業務本稼働
  1. 「1983年度総合食肉施設整備事業」に基づき、伊予工場「牛部分肉処理加工場」の建設に着工
  1. 伊予工場に「牛部分肉処理加工場」竣工、業務開始
  2. 愛媛県経済農業協同組合連合会「伊予食肉センター」を編入
  1. 高品質部分肉生産のための「豚枝肉急速冷却自動搬送システム」を導入
  2. 安全・安心の食品製造体制の強化のため「食品検査課(2018年より品質管理課へ移行)」を設置
  1. 「1995年度食肉等流通体制緊急整備事業」第一期工事が完了
  2. 伊予工場の処理機能を本社工場に集約・本社工場の処理能力を豚換算960頭に拡大
  3. CI活動により社名を「株式会社アイパックス」に変更、社章を決定
  1. 社名を「県農えひめアイパックス株式会社」に変更
  2. と畜場法の改正に伴い「食肉処理衛生管理工場等対策事業」により、牛処理施設の衛生対策を実施
  1. と畜場法の改正に伴い「食肉処理衛生管理工場等対策事業」により、小動物施設の衛生対策を実施
  1. 我が国で初のBSE感染牛を確認
  1. 「BSE関連補助事業」で焼却炉と内臓保管用冷蔵庫を新設
  2. 本社工場内に「愛媛県食肉衛生検査センター」を開所
  1. 病畜処理室改築
  2. 「愛媛くみあい畜産株式会社」を吸収合併、「生産部」を新設、資本金を23億円に増資
  1. 社名を「JAえひめアイパックス株式会社」と変更
  2. ファーマーズマーケット「いよっこら」の建設着工
  1. ファーマーズマーケット「いよっこら」竣工、営業開始
  2. 「せと風ファーム」竣工
  1. ISO9001認証取得(本社・いよっこら)
  1. ISO9001認証取得(農場)
  1. 部分肉処理施設の衛生向上対策工事を実施
  2. 肉質向上対策のためのプロジェクト開始
  1. ファーマーズマーケット「いよっこら」リニューアルオープン
  1. ISO22000認証取得(本社工場)
  2. と畜場HACCP認容
ページトップに戻る